【5,000円割引】岡山旅応援割 〜6/30まで延長!

元湯は、老若男女さまざまな地域からいろーんなひとたちが集う場になって欲しい。あたらしいけれど、まったくあたらしいわけではない場所。そんな想いを、ロゴマークに表現しました。開かれたゲート(元)の中にひと(ゆ)が入っていく様子を表しています。
西粟倉村で暮らす若手デザイナーの鈴木宏平くんが想いをかたちにしてくれました。ありがとう。建物はオープンギリギリまで工事中ですが、看板はあたらしく変わりました。建物については、また後日。
(女将:もめ)
150219

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP